クリームの特徴とは?/尖圭コンジローマの治療にはアルダラクリームが一番いい!

尖圭コンジローマの治療にはアルダラクリームが一番いい!

クリームの特徴とは?

パッケージを持っている手

アルダラクリームと呼ばれるものがどのように我々の体に作用してくれるのか。
今回はそんなアルダラクリームの作用について話していきたいと思います。

まずアルダラクリームの有効成分はイミキモドと呼ばれるものになります。
これは体の防御機構を刺激して、皮膚の免疫細胞と結合してサイトカインという天然の防御物質を作り出してくれます。
作られたサイトカインは別名αインターフェロンとも呼ばれていて、たくさんの免疫機能を持っています。
サイトカインがあることで細胞内のウイルスが増殖しなくなるので、ウイルスによる感染に抵抗することができます。
つまりアルダラクリームは異常な細胞の動きを免疫細胞を強化することでしっかりと封じ込めることができるわけです。

ただし、尖圭コンジローマの原因となるヒトパピローマウイルスはアルダラクリームを使っても100%完全に駆除することはできません。
つまり尖圭コンジローマは再発するおそれのある性病になります。
しかし外科的な手術をするよりもアルダラクリームを使った方が圧倒的に再発率が低くなっています。
外科的手術については多くの人が抵抗あるはずなので、ただ塗るだけでいいアルダラクリームを使った方があなたにとって大きなメリットがあるといえるでしょう。

ちなみに尖圭コンジローマは潜伏期間が3週間から8か月とかなり長いのも特徴です。
そのため感染したことを自覚するまでに時間がかかる場合が多く、大体の人はいぼが大きくなってようやく気づくみたいです。
もしあなたが怪しいイボを見つけたら、すぐに尖圭コンジローマだと疑ってアルダラクリームを使い始めてほしいと思います。