ドッグフードは原料によって何が違う?ミールや4Dミートって?

肉のイメージ画像毎日愛犬が食べているドッグフードの原料を全く気にしたことがないという飼い主さんは少ないと思います。

人間と犬では食べるものが全く違うので、良し悪しを判断するのは難しいかもしれませんが、愛犬のためにもしっかりと覚えておいてあげましょう。

 

ここでは、ドッグフードの原材料に関するお話をしていきたいと思います。

 

原料によくある「ミール」とは??

今はペットショップだけでなくドラッグストアやコンビニでも手軽に購入できるドッグフード。

その種類も本当にたくさんありますが、犬にとって一番良いとされるドッグフードは「栄養が豊富であり、バランスが取れている」ものです。

 

ドッグフードのパッケージには原料や成分が記載されていますが、ほとんどのドッグフードは動物性タンパク質が主原料となっています。

というのも、犬は本来肉食動物なので肉を主食としており、その逆に野菜や穀物類はほとんど食べませんし、消化も得意ではありません。

 

原材料名や成分表を見てみると、「〇〇ミール」と記載されていることがあります。

〇〇にはミートやチキンなどの肉を表す言葉が入りますが、これらは原料である動物の肉を粉末に加工した状態を指します。

これだけ見ると特に何も感じませんが、よく考えてみると、どの動物を、どのようにして加工しているのか…?

 

原材料となるミート(肉)は、加工されるときに肉の部分だけではなく皮膚や毛なども含まれている恐れがあります。

また、解体されるときに腸内に糞尿が混入している場合もありますので菌が含まれていることも。

この菌は健康に悪影響を与えるので消毒剤が使用されますが、その消毒剤もまた健康にはよくありません。

 

 

ドッグフードの原材料でよく見かける「〇〇ミール」ですが、こんなに怖いものだったんですね…。

知らないほうが良かったと思う飼い主さんもいるかと思いますが、1日でも長く愛犬の健康を守ってあげるためにも、原材料には十分注意してドッグフードを選んであげたいですね。

 

ドッグフードの4Dミートにはご注意を

ドッグフードについて調べていると「4Dミート」という言葉が出てきます。

4Dとは何を表しているのか?実は、4Dミートとは

頭文字にDがつく犬に与えてはいけない4つ肉

のことを指しています。

これは、ぜひとも覚えておきましょう。

 

ドッグフードの4つの“D”とは

Dead(死んでいる)

死んでいる状態の動物の肉を指しています。

死因は老衰、病気、事故など様々ですが、死んでいる肉を使用しているため鮮度が落ちて病原菌が入っている可能性もあります。

 

Dyning(瀕死状態)

体が弱っている状態の動物の肉のことです。

死に近い状態の動物ということで、こちらも何らかの病原菌に侵されている可能性があり、安全な肉とは言えません。

 

Diseased(病気にかかっている)

病気を患っている動物の肉を指します。

チキンミールであれば、鳥インフルエンザによって処分された鳥も含まれるので危険性は高いです。

 

Disabled(障害がある)

生まれつき障害を持った動物、または後天的に障害を持った動物の肉が含まれます。

 

USDA(米国農務省)では食肉のランクを9段階にランク付けしています。

最もランクが高い肉は最上級で十分にサシがある美味しい肉を指します。

いわゆるセレブと呼ばれる人たちが食べるような高級肉ですね。

そしてランクが下るごとに庶民的な肉や加工肉などになりますが、7ランク以下になると人間は食べることができません。

そして、問題の4Dミートのランクは

最下位である9ランクに属しています。

4Dミートのドッグフードは、人間は食べられない本来は廃棄となる予定の肉が含まれています。

 

どうして4Dミートが生まれたのか

通常、食肉用に合格しなかった肉は廃棄する必要があります。

しかし、現実では処分することにお金がかかってしまいますので、なにか他の用途で使用できないか…?そうして考えられたのがペットフードへのリサイクルなのです。

また、4Dミートはもともと廃棄するはずの肉を使用しているので材料費がほとんどかからないため、販売価格も大幅に抑えられます

何も知らない消費者は「安くてこんなに大量のドッグフードを買えるのは嬉しい!」と思って買ってしまうわけです…。

安いドッグフードはすべて危険とはいいませんが、愛犬のことを考えると自ずと避けてしまいますよね。

 

安心して食べられる低アレルゲンドッグフード

人間でもアレルギーがあるように、犬でも食品によってアレルギー症状が出てしまうことがあります。

また、犬は話せないので、アレルギー症状が出ていても飼い主さんが気づかずアレルギーのあるドッグフードを与え続けている場合があります

もしも、皮膚が赤くなっている、痒がっていることが多い、耳が汚れているなどの症状が出ている場合には低アレルゲンのドッグフードに変えてあげましょう。

 

アレルギーの原因は犬によって違いますが、一般的にアレルギーを起こしやすい原料は小麦やとうもろこしなどの穀物類、防腐剤や着色料などの食品添加物などが挙げられます。

この他にも遺伝や環境などの要因でアレルギーを引き起こしている恐れもあるので、飼い主が愛犬のアレルギーを見つけることは困難です。

ただ、動物病院で血液検査を受ければアレルギーの原因を特定することはできますので、気になる方は検査を受けましょう

 

低アレルゲンのドッグフードは、パッケージに「アレルギー対策」と記載されていることが多いですが、最近では「グレインフリー」や「グルテンフリー」などと記載されたドッグフードも目立ちます。

グレインフリーのドッグフード

グレインとは穀物のことを指しており、穀物を一切使用していないのがグレインフリードッグフードです。

穀物はアレルギーや肥満の原因になりやすく、また消化にも良くない傾向があります。そのため、グレインフリーのドッグフードは穀物アレルギーで悩む犬にぴったりです。ただ、少々値段が高いのがネックです。

 

グレインフリーのおすすめドッグフード

・カナガン

・モグワン

 

グルテンフリーのドッグフード

グルテンとは小麦や大麦などの麦類を指しており、麦類を一切使用していないのがグルテンフリードッグフードです。

グルテンとグレインは似ていますが、その違いは「グルテンは麦類」「グレインは穀物全般」です。そのため、アレルゲンが特定できない場合には、グレインフリーのドッグフードを選ぶほうが無難です。

 

グルテンフリーのおすすめドッグフード

・ZEN

・ナチュロル

 

ベジタリアンな犬にぴったりなドッグフードも?

本来、犬の主食はお肉で、穀物類にアレルギーが出る事が多いですが、中には動物性蛋白質にアレルギーがある犬もいます

主食のお肉がアレルギー!?と驚くかもしれませんが、人間でも主食であるお米や小麦にアレルギーがある方も居ます。

 

先程はグレインやグルテンのアレルギーに対応したドッグフードをご紹介しましたが、他にも様々なアレルギーを持つ犬でも安心して食べられるベジタリアン犬向けのドッグフードも存在します。

まだまだ国産のベジタリアンドッグフードは少ないですが、外国産のドッグフードであれば選べるほどの種類があります。

通販を利用すればどなたでも簡単にベジタリアンドッグフードを購入できますので、ぜひチェックしてみてください。

 

お腹に優しいヤギミルク

良かれと思って人間用の牛乳をあげた経験はありませんか?

牛乳は栄養価が高いですし、少しくらい…と思ってあげがちですが、実は人間用の牛乳は犬にとってはあまり良くありません。

 

まず、どうして犬に牛乳を与えてはいけないのか?その理由は大きく3つあります。

・お腹を壊しやすい・アレルギーを起こしやすい

・肥満になりやすい

 

愛犬も家族の一員ではあっても、やはり体の構造が違うので人間に良くても犬にはNGです。

少量にしたり水で薄めたりすれば問題はありませんが、最近では犬用のミルクも存在しています。

その犬用ミルクというのはヤギのお乳からできたヤギミルクです。

ヤギミルクは牛乳と似ていますが、お腹を壊す原因となる乳糖がほとんど含まれていませんしアレルギーも起こしにくいです。

少々高価ではありますが、栄養も豊富で健康にも良いので、水分補給時だけでなくドッグフードをふやかす時にもぴったりです。

 

ドッグフードに〇〇をプラスして関節強化

犬も人間と同じように加齢とともに関節の悩みが増えます。

また、年齢が若くても犬は関節炎になりやすい傾向があります。

とくに、ゴールデンレトリバーやダルメシアンなどの大型犬やトイプードル、ポメラニアン、シュナウザーなどは関節の疾患を引き起こしやすいと言われていますので、日々関節のケアが必要です。

特に1歳以上の犬であれば関節症になっていてもおかしくないので、若いから…といって油断しないようにしましょう。

 

犬の関節ケアにはダイエットや運動などの方法が挙げられますが、手軽に関節ケアできる方法はサプリメントです。

サプリメントには薬のような即効性や高い効果は期待できませんが、継続することで関節症の予防に繋がります。また、現在関節症の犬でも痛みの緩和に繋がります。

 

特に関節ケアに効果的なのがグルコサミンやコンドロイチンの成分。これらの成分には軟骨の生成や修復の働きがあり、骨の強化に有効です。

サプリメントといっても粉末状になっているものやおやつタイプもありますので、犬が嫌がることなく与えることができます。グルコサミン配合のドッグフードもあるので、予算や犬の好みに合わせて取り入れていきましょう。

 

グルコサミン配合のオススメ商品

・ビッグウッド(サプリメント)

・dbf(ドッグフード)

 

ドッグフードにじゃがいもはアリ?ナシ?

犬にネギや玉ねぎなどを与えてはいけないということは有名ですが、じゃがいもはどうでしょうか。

インターネットで、犬にじゃがいもを与えてもよいのかどうか検索してみると、良いと書かれている記事もあれば絶対に与えてはいけないと書かれている記事もあります。

…結局どっち!?

と悩むところですが、答えは

じゃがいもはOK!でもあげるときは注意がいるよ!

ということです。

まず、じゃがいもの栄養面についてですが、食物繊維や炭水化物が豊富なので犬の健康には良いとされています。とくにじゃがいもは消化によく、腸内の善玉菌を増やしてくれる働きがあります。

ただし、じゃがいもを与えるときには以下のことに気をつけましょう。

必ず加熱する

人間でも生でじゃがいもを食べる方は少ないと思いますが、生のままでは消化によくありません。

犬は人間以上に消化面に気をつけたいので、必ずしっかりと加熱するようにしましょう。

加熱前に水にさらしてアクを減らすとより良いでしょう。

 

皮や芽は取り除く

じゃがいもの芽や皮の部分にはソラニンと呼ばれる毒素が含まれています。

この毒素は犬だけでなく人間にも害があるので取り除くようにしましょう。

 

与えすぎない

じゃがいもは糖質を多く含む食品のため、血糖値が上がりやすい特徴があります。

そのため、与えるばあいには少量ずつにしましょう。

 

アレルギーじゃないか確認

じゃがいもがアレルゲンの犬もいますので、はじめてじゃがいもを与える場合には少量にして様子を見ましょう。

 

じゃがいも以外のいも系は?

里芋

里芋には免疫力を高める作用や肝臓・腎臓の機能を高める作用が期待できます。

ただし、じゃがいもと同様に与える場合にはしっかりと加熱し少量ずつ与えるようにしましょう。

 

さつまいも

さつまいもには食物繊維が豊富で、体にも良いです。

食感も柔らかく甘みも強いので犬も好みます。ただし、糖質が多いので肥満には注意です。

 

山芋

山芋に含まれるネバネバによって痒みが生じる恐れがありますので、犬に与えるのはおすすめしません。

 

いも類は犬にとっても良いことも多いけど、注意が必要ね

コメント

タイトルとURLをコピーしました