【製造国別】ドッグフードを選ぶ方法とポイント

沢山の国旗人間でも毎日食べる食事にはこだわりたいと思っている方が大半だと思います。

そして、犬と一緒に暮らしている方であれば、愛犬の食事にもこだわりたいですよね。

ドッグフードは人間で言うとお米のような存在。毎日食べるものだからこそ上質なものを選んであげたいです。

 

ドッグフードを選ぶ時、パッケージの裏に記載されている「原産国」はチェックしたことがありますか?

全く確認しない、一応見ることは見るけどちらっとしか確認しない場合にはこれからチェックするようにしてください。

また、なんとなくイタリアやニュージーランドだったら安心♪と思っている方もこれからは原産国には気をつけてチェックするようにしましょう。

 

ドッグフードの安全を守る法律

ドッグフードなどのペットが口にする食品(おやつ、サプリメント、飲み物も含む)は、ペットフード安全法という法律によってペットフードの安全性が確保されています。

この法律は、以前海外で原料に有害物質が含まれていたことでペットの健康に悪影響がでたことがきっかけとなり発足されました。

 

ペットフード安全法では様々な基準が設けられており、すべての基準を満たしていなければ販売されません。万が一、基準を満たしていないペットフードが出回ったとしても、すべての基準や条件を満たしていなければ廃棄や回収命令が出されます。

 

また、日本以外でも各国で「愛がん動物用飼料等の検査法」が定められており、ペットフードの安全性が守られています。ただ、日本とは異なる基準なので、外国産のペットフードを輸入する場合にも日本の基準を満たしていなければなりません。

これらは国とFAMIC(独立行政法人農林水産消費安全技術センター)という機関が監視しており、抜き打ちで検査を行ない、検査結果をホームページで公表しています。

 

ドッグフードの原産国は〇〇で決まる

ドッグフードのパッケージの裏には、原料、賞味期限、内容量などが記載されていますが、その中の一つに「原産国名」があります。

原産国名というと、どこの材料を使用しているか?を示しているように思う方が大半だろうと思いますが、実はそうではないのです。

 

では、原産国は何を示しているのか?それは「最終工程の加工を行なった国」です。

ペットフード安全法という法律によってドッグフードは原産国を記載しなければいけないという決まりがありますが、原産国が表示されていたとしても結局材料はどこから…という問題になるわけです。

 

国産のドッグフードはやっぱり一番?

人間が口にする食品でも「国産」と聞くと安心しますよね。日本で生産されているものが使用されてるとなれば選びたくなります。

 

少し前であれば、国産のドッグフードでも質の悪い原材料を使用したり、たくさんの添加物が含まれていたりしましたが、今はペットフードの安全性を守る法律もできていますし、質の悪いものはやはり売れないので、どんどん良質なドッグフードが増えてきています。

 

最近ではオーガニックや無添加100%を謳った国産ドッグフードが目立ちます。

しかし、こうした国産ドッグフードは原価の高い安全な材料を厳選しているため、通常のドッグフードと比べても価格が高い傾向にあります。

また、ドッグフード全体では商品数は多いものの、国産に絞り込むと非常に数が少なくなります。

 

国産だからと言って安心しないで

国産と聞くだけで無条件に安全だと思い込む方もいらっしゃるかと思いますが、それは人間が口にする食品に限ります。この感覚はドッグフードには通用しませんので、国産だからといって安全・安心とか限りません。国産でも質の悪いドッグフードは当然あります。

 

原産国の項目でも触れましたが、原産国名に日本と記載されていても使用した材料は外国産である可能性は十分あります。また、犬の健康に悪影響が出るような成分は含まれていなくても、栄養がほとんど含まれていないケースがあります。

犬に必要な栄養素が含まれているドッグフードには、必ずパッケージ裏に「総合栄養食」と記載されていますので、購入前に確認しておくようにしましょう。

 

国産でも安心できるドッグフードを見極める

日本で生産されているドッグフードでも原材料は外国産…というケースもありますが、きちんと原材料の生産国を記載しており、保存料や着色料などを一切使用していないドッグフードはたくさんあります。

種類はまだまだ少ないですが、最近では国産のドッグフードにこだわる方も増え、国産のドッグフードも注目されてきています。

 

国産のドッグフードを選ぶときには、無添加になるべく近く、アレルギーを引き起こす原因となる穀物類が含まれていないグレインフリーのものを選びましょう。

 

☆国産のドッグフード

・ナチュロル

・umaka

・ビッグウッド

 

気をつけたいドッグフードの原産国

以前、アメリカ産のドッグフードを食べた犬が大量に死亡した…という大変痛ましいニュースが世間を騒がせました。

このニュースを見ると「アメリカン産のドッグフードは怖い!」と思ってしまいますが、実はアメリカ産のドッグフードに使用されていたのが有害物質のメラミンなのです。

中国では、このニュースと同様のメラミンが粉ミルクに含まれていた事件や冷凍餃子に有害物質が含まれていた事件もありました。

必ずしも中国産のドッグフードを食べると健康に悪影響が出るとは限りませんが、過去にこれだけの事件が起こっているので、積極的に選びたいとは思わないでしょう。

 

現在でも、世界で中国の原材料を使用したドッグフードが流通している可能性は当然あります。ドッグフードにどこの原材料が使用されているのか?は、自分で調べたり確認する以外にはありません。

愛犬は自分でドッグフードを選べないので、やはり飼い主であるあなたがしっかりと選ばなければいけません。

 

安全性が高いドッグフードの原産国はどこ?

日本は世界で見てもペット後進国と言われています。

日常ではそう感じないかもしれませんが、毎日のように保健所では殺処分され、日本の法律でもペットは「モノ」として扱われています。

一方、ペット先進国と言われるイギリス、ドイツ、スウェーデンなどでは犬税がかかったり、新しい飼い主が見つかるまでお世話してくれる保護施設もあります。また、ペットも人と同じように権利がありますので、ペットに優しくない飼育をしていれば通報や指導されることとなります。

このようにして見ると、日本がペット後進国と言われる意味が分かりますね。

 

犬などのペットに対する愛護精神が高い国で販売されているドッグフードというのは、自然と高品質な商品が多く出回っています。

ペット先進国ではドッグフードの原材料に使用される食品にも厳しい基準が設けられているため、ドッグフードに関しては外国産にも目を向けてみましょう。

 

注目したい外国産ドッグフード

ニュージーランド

ニュージーランドは農業大国の一つで、食材の宝庫でもあります。

特に羊の数は人間よりも多いと言われているほど食に困らない国ですが、その中でもニュージーランド産の食肉は有名です。

ラム肉に関しては輸出量が世界一、シカ肉に関しても世界最大の飼育技術を持っています。

ドッグフードにも人間が食べるような高品質の食材を使用しており、無添加かつニュージーランドの原材料しか使用していないものが定番です。

 

☆ニュージーランド産のドッグフード

・ヴィジョンズ

・ZIWI

 

イギリス

イギリスは、子供の法律よりもペットの法律が先にできたと言われているほどペットに対する関心が高い国です。そんなイギリスで高品質なドッグフードが多いことでも知られています。

イギリスではPFMA(イギリスペットフード工業会)という機関で厳しい審査が通ったペットフードしか販売されませんので、おのずと品質の高いペットフードが揃います。

 

☆イギリス産のドッグフード

・カナガン

・モグワン

・シュプレモ

 

イタリア

イタリアはヨーロッパの中では動物愛護に関して若干遅れていると言われていますが、それでも日本と比べるとペット先進国です。ペットに関する法律も厳しく、ドッグフードも高品質で安全性の高いものが揃います。

 

☆イタリア産のドッグフード

・FORZA10

・ELMO

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました